前へ
次へ

段差がある住宅の解消をするにはどうすればいいか

新しく建てられるマンションでは予め一定のバリアフリーが考慮されていて、全く段差がない物件もあるようです。
玄関といえば通常上がり框と呼ばれる状態になっていて、一定の段差があるのが普通でした。
でもその段差もなくしてフラットな状態で室内に入れるようになった物件もあります。
以前に建てられた建物にはそれなりに家の中に段差が設定されていて、もちろん段差には目的があります。
ただバリアフリーのことを考えると段差はない方が良く、段差解消のリフォームをすることもあります。
段差をなくすためにはどんな方法があるかを知っておくと良いでしょう。
段差があるのは扉部分が多いですが、まずは扉を変更して段差部分を取る方法があります。
それ以外には高い方に合わせて低い方の床をかさ上げする方法もあります。
段差を残しつつスロープを付けることで車いすなどがスムーズに移動できるようにする方法もあります。
スロープはお金はかかりにくく工事も容易にできるでしょう。

Page Top